動画制作会社で作る広告

Pocket

動画制作を行う会社は、一昔前は制作に特化する会社も多かったですが、最近では、そこにマーケティング手法、つまり動画広告を行う企業が増えてきています。つまり、動画を作る、質をあげていくというのは当たり前で、プラスアルファで価値を提供する企業が増えてきています。

基本的に動画制作会社は、どういったものを作りたいのかという情報を基に動画を制作します。動画広告を作る際に何を行うかというと、KPIの設定です。KPIとは「数値指標重要業績評価指標」という意味です。動画でいうと、「おもしろい動画、良い動画を作る」というのも良いのですが、広告として訴求していくのであれば、そこに数値を乗せて、数字にします。つまり、何人の人に訴求して、何人の人を取り込んでいくか、といった具合です。

そして、動画広告にも様々な種類があります。業界用語で「インストリーム広告」「アウトストリーム広告」といいますが、「インストリーム広告」は、Youtubeなど、動画コンテンツの前後で流すものです。一方で「アウトストリーム広告」とは、Webサイトに絡ませた戦略です。Webコンテンツの中に表示をさせることで、コンテンツを見ている人を取り込んでいきます。

このように、今の動画制作会社は、できることの幅が増えてきていますから、自分の会社の方針にあった企業を選ぶと良いでしょう。